占い

信じている人もいない人も

つい気になってしまう占い

男女

好きな人ができたり、新しい環境で新しい人と接することになったとき、相手との相性が気になってしまいます。 特に血液型の相性占いは、当たる、当たらないと論争によくなるのに、なんとなく気になってしまう占いの一つです。 血液型占いは日本でしか気にされていません。そもそも血液型は赤血球の抗原の違いから分けたもので科学的根拠は何もないとされています。 でも、相性占いの中でも有名です。それは、当てはまる気がすると思う人が多いからではないでしょうか。 日本人はA型が多いですが、几帳面な人が多いからこそ電車は時間通りに走り、街中もそれほど汚いということはないです。 B型が多いといわれるインドでは電車は時間通りは来ません。でも、興味のあることに強いB型が多いからなのか、数字やコンピューターなどある分野において、飛びぬけて活躍しています。 すべてが当てはまるわけではなくても、当てはまる部分を感じられるから気になってしまうわけです。

うまく使おう

血液型の相性占いのいいところは、パターンがそれほど多くないところにあります。 調べるにしても4パターンしか血液型はないので、簡単に調べられます。また、本にしても、インターネットを検索しても、血液型の性格診断は内容にそれほど違いがないので、安心して調べることができます。 気になって、血液型の相性占いを見たとします。 いいことが書いてあれば、もちろんそれを信じてやっていくのがいいです。でも、血液型はパターンなので、もちろん相性の悪い場合もあります。 そんなときは、相手の血液型の性格を見て、うまく自分を変えていけばいいのです。喧嘩する前に、喧嘩になりそうなことを未然に防いでしまえば、良好な関係を築けます。 信じていなくても、頭ごなしに否定せずにうまく利用すれば、価値がある占いの一つです。